【ロマサガRS】ギルドって必要!?加入や設立時に知っておきたいメリットとデメリット

ギルド ギルド

ロマサガRSのリリース初日からひっそりとホーム画面に設置されていたギルドボタン。

今までは押しても「準備中で~す!」としか表示されませんでしたが、Version1.13.0から本格始動しました。

 

メンテ明け1時間経過後には、100以上のギルドが設立されランキング争いにしのぎを削っていました。

改めてその勢いを感じたロマサガRS。ここではギルド加入や設立前に知っておきたいメリットとデメリットをまとめておきました。

 

ギルドとは?何ができる?

ギルドコンテンツを楽しむためには「すでにあるギルドに加入する」「新しくギルドを設立する」かの2通り。

どちらもメリットとしては他ユーザーとの交流が図れること。

最大50文字のチャットが、ギルド画面や戦闘中にできます。

 

というよりも他ユーザーとの交流を図る以外にできることはありません。

・余ったスタイルピースの交換や売買
・ギルメンの好きなキャラを借りて戦闘できる
・ギルドの成長に貢献するほど報酬GET

 

他ゲームでありがちなギルドの要素は皆無です。

ただし今後何かしらのギルド関連のコンテンツが実装される可能性は否定できません。

 

ギルド設立

・設立には100ジュエルが必要

・自由性と承認制を選択できる

・メンバー数は最大15人まで

・新要素のギルド戦闘力なるものがあり。

・ギルド戦闘力は全メンバーのパーティ1の戦闘力の和。

・ギルド戦闘力TOP100までのギルドがランキングに表示される。

現状把握しているルールはこれくらい。

 

ギルド加入

・自由性なら自由に加入が可能。

・承認制なら加入にはリーダーの許可が必要。

・脱退する場合は、自由性も承認制も即時可能。

・1度脱退すると、24時間他のギルドへの加入と新ギルドの設立が不可。

加入に関することはこんなもんか・・・

 

ギルド閲覧

ランキングやギルド検索で、他プレーヤーの情報を閲覧することができます。

分かるのはプレーヤー名、プレーヤーランク、総戦闘力、マスターレベル、パーティ1の編成と戦闘力。

 

パーティ1のパーティ名を変えている人は多くいます。

「1524周回」とか「高速周回用」とか。キャラの編成と陣形と戦闘力が分かるので、周回時のヒントになる可能性があります。
暇なときにチラチラ閲覧しておくと役に立つかもしれません。

 

まとめ:ギルドのメリットとデメリット

ギルドに参加するメリットは他ユーザーとコミュニケーションがとれる点。

逆にデメリットは特にありません。

 

従来通りソロで黙々とプレーするもよし、仲間とワイワイやるもよし。

ギルドに参加しようか迷っている場合にはとりあえず保留もありかと思います。

 

ちなみにロマサガRSと同じ運営元のドッカンバトルには昔チャット機能がありましたが今はありません。

ギルドコンテンツの追加や廃止はユーザーの反応次第といったところでしょうか。

コメント