【ロマサガRS】外伝VH2-2の攻略とオート周回パーティ

外伝VH2-2 メインストーリー攻略

槍のスポントゥーンをドロップする外伝VH2-2。

斬属性キャラに有利な周回スポットになっているのが特徴。

今回は、外伝VH2-2【追手が来る前に】の攻略やオート周回パーティについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

外伝VH2-2【追手が来る前に】の攻略

外伝VH2-2 1Round目・・・アンシリーコート×2
2Round目・・・マスター×2
3Round目・・・キラーマシン×3

出現する敵がどこかで見たことのある顔ぶれ。HPは過去のステージで登場したものと変わっていません。

マスターあたりは12話のオート周回で狩りまくったユーザーも多いはず。

外伝VH2-2では、合計7体の敵が登場しますが、マヒが有効な敵が多く非常に戦いやすいのが特徴。

 

1Round目 アンシリーコート

アンシリーコート

アンシリーコート
【HP】21270
【弱点】突
【耐性】熱・冷・雷

2体での出現。マヒが有効なので、1体をマヒさせてしまえば手動でもオートでも非常に楽。

唯一ファングクラッシュが強烈なので、回復役がいると事故が減ります。

 

2Round目 マスター

マスター

マスター
【HP】17660
【弱点】斬・陰
【耐性】熱・冷・雷・陽

マスターも同様に2体での出現で、マヒが有効。

1体をマヒさせ、敵の火力が半減しているうちに倒すのが王道かと思います。

ポイゾナスブロウが少し厄介なので、やはり回復役がいると安心です。

 

3Round目 キラーマシン

キラーマシン

キラーマシン
【HP】22680
【弱点】斬・陰
【耐性】熱・冷・雷・陽

キラーマシンのみ3体での出現。マヒはほぼ効きません。

状態異常に頼るよりも、火力の高いキャラで弱点を突いていくほうが攻略しやすいです。

斬属性キャラを中心に攻略していくのがセオリーかと思います。

 

「キラーマシンって素早さこんなに高かったっけ?」と思うほど新陣形のドラグーンストライクでは先手を取られます。

かといってラピッドストリームだと水鳥剣の餌食になります。ハンターシフトで回復役を守りつつ、先手を取るのが無難です。

 

オート周回のおすすめパーティ編成

以上の敵情報から、火力役3名、マヒ役1名、回復役1名程度の編成をおすすめします。

火力役はやはり斬属性キャラが適任。

マヒ役は3Round目のキラーマシンが陰属性も弱点ということもあってルージュが適任。

回復役は遠征のジャングルで鍛えた程度の強さがあれば誰でも可。

こんな感じで周回しています。

 

スポントゥーン周回

能力アップの上限は12話よりも上ですが、もっと楽に周回できる場所が他にあります。

育成目的というよりはスポントゥーン目的での周回をおすすめします。

なので育成枠を編成して周回するよりも、いつも使っているガチなキャラたちを編成しましょう。

 

まとめ

外伝VH2-2【追手が来る前に】の攻略とオート周回情報でした。

あまりお世話になることはない周回場所ですが、槍の新武器”スポントゥーン”をドロップするステージの中では簡単な方なのでピックアップしました。

外伝の中で育成周回に向いているのは、VH2-4かと思います。
⇒詳細はメイン1章外伝のオート周回!おすすめ場所4選をご覧ください。

 

コメント